展示会情報

企画展示『はらっぱ 遊園地建設中』

Information
日程
    • 開催前
会場
ともだちや絵本美術館 えほんギャラチー

はらっぱに、内田麟太郎さん渾身の脱力詩
『ことばの遊園地』が建設中?
言葉とあそぼう。
本当の観覧車に乗れる!かも?

展示『たべたあい』中野真典(原画)
  『よろしくともだち』降矢なな(原画)
  『ことばの遊園地』内田麟太郎

作品情報

『ことばの遊園地 内田麟太郎詩集』

内田麟太郎 作 石風社刊

絵本原画

『たべたあい』

高山なおみ 文 中野真典 絵 リトルモア刊
好きなものを抱きしめたい、近づきたい、いつも一緒にいたい。食べることは好きなものに近づく最も本能的な行為です。
キャラメルも、ねこも、くまも、そして山までも。何でも「たべたあい」女の子は、輪郭が明確に描かれておらず、まわりのものと溶け合って一緒になっています。
小気味の良い関西弁と、画面いっぱいに広がる明るい色彩、ダイナミックな筆致からは、はらっぱにあふれる全てのものが発するエネルギーを受け取ることができます。

『よろしくともだち』

内田麟太郎 文 降矢なな 絵 偕成社刊
はらっぱで賑やかに遊ぶキツネとオオカミたち。それを丘の上から眺めるコダヌキ。ふたりが立っている場所の高低差は、コダヌキとオオカミとの心の距離を表しているかのようです。
キツネの仲介で少しずつ距離を縮めていくコダヌキとオオカミ。仲良しになったあとは、広いはらっぱで思う存分走り回ったことでしょう。
大牟田出身の内田麟太郎さんとスロヴァキア在住の降矢ななさんによる人気絵本「おれたち、ともだち!」シリーズの一冊。

作家プロフィール

高山なおみ
1958年静岡に生まれる。レストランのシェフを経験し、料理家となる。料理本から絵本までさまざまな本を執筆。作品は、エッセイ『日々ごはん』(アノニマ・スタジオ)、絵本『おにぎりをつくる』『どもるどだっく』(ブロンズ新社)、『それからそれから』(リトルモア)など。

中野真典
兵庫県小野市に生まれる。大阪芸術大学卒業。保育士勤務を経て、作家活動に入る。絵本『おもいで』(クレヨンハウス)、『おはなしトンネル』(イーストプレス)、『どもるどだっく』(ブロンズ新社)、『それからそれから』(リトルモア)など。

内田 麟太郎
1941年福岡県大牟田市に生まれる。作品は、『さかさまライオン』第9回絵本にっぽん賞、『がたごとがたごと』第5回日本絵本賞(以上童心社)、『うそつきのつき』(文渓堂)第46回小学館児童出版文化賞、『すやすやタヌキがねていたら』第15回日本絵本賞、『ともだちできたよ』第18回日本絵本賞(以上文研出版)、『くじらさんのーたーめならえんやこーら』第22回日本絵本賞(鈴木出版)、『ぼくたちはなく』第15回三越左千夫少年詩賞(PHP 研究所)。ほかの主な作品は「おれたち、ともだち!」シリーズ、大牟田の絵本『わらうだいじゃやま』(石風社)など多数。

降矢 なな
1961年東京に生まれる。スロバキア共和国のブラチスラバ美術大学・版画科卒業。作品は、『めっきらもっきらどおんどん』『きょだいなきょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』『ちょろりんのすてきなセーター』『ちょろりんととっけー』『ねぇ、どっちがすき?』「やまんばのむすめまゆ」シリーズ(以上福音館書店)、『いそっぷのおはなし』(グランまま社)、『ナミチカのきのこがり』(童心社)、『黄いろのトマト』(ミキハウス)、『やもじろうとはりきち』(佼成出版社)、『どうぶつABCえほん』(のら書店)、『ピーターとオオカミ』(偕成社)、『チェコのむかしばなし ヴォドニークの水の館』(BL出版)など多数。スロバキア在住。